株式会社栃木ニコン|Japan

映像事業

プロフェッショナルの厳しい目に応える。信頼と伝統のブランド、ニッコール。
デジタルカメラの急速な普及、またコスト構造の変化など、カメラの世界は昨今大きな変化を遂げてきております。
栃木ニコンでは、産業用、コンシューマ用を問わず、レンズに関わる部品・製品のすべてが生産できる実力を蓄えながら、カメラに関する技術の変化、発展に対応するべく努力を重ねています。月産数万本のレンズ群を生産しながら、常に次の時代と世界を見つめていく栃木ニコン伝統の姿勢です。
世界に誇るニッコールレンズ
世界に誇るニッコールレンズ どんなに写真が上手な人でも、レンズの性能が良くなければ思い通りの写真は撮れません。それほどレンズは映像表現の最重要ポイントなのです。設計をはじめ、ガラスの溶解、成形、研磨、組立プロセスまでを一貫した、他に類をみない栃木ニコンならではのレンズ造り。それは何よりもクオリティを高レベルで維持するためであり、様々な撮影者・撮影用途に適した幅広いレンズバリエーションを提供するためであります。機能、描写性、そしてレンズの個性ともいうべき味の部分まで、優れた品質を実現しています。これまで3600万本以上が世に出て、世界中で活躍するニッコールレンズ。その実績と、多くのフォトグラファーの信頼。ニッコールレンズの歩んできた道こそ、栃木ニコンの映像追求の道であり、これからも続いていく道なのです。
一貫生産のもと、さらに高精度をめざす
レンズの研磨から、加工、組み立てまで、栃木ニコンのレンズづくりの最大の特徴は一貫生産体制にあります。そのために、レンズ加工、コーティング、組み立てなどの各工程で最新鋭の設備を導入。万全の体制で生産に臨み、安定した高精度・高品質を追及しています。
標準化や技術の技術化やセル生産方式採用など、少量多品種に対応する生産性の向上を図っています。また、生産拠点のグローバル化が進む中、栃木ニコンは国内・海外のニコングループ生産工場のエンジニアリングセンターとして機能し、部分加工をはじめ交換レンズやデジタルカメラ用鏡筒ユニットの生産に対する指導的役割を果たしています。こうして誕生するレンズ郡の品質管理についても、生産工程での検査や完成品検査を徹底するなどの細心の注意を払っています。万全の品質管理と最新鋭の生産設備から、世界が認める高精度と高品質が生まれています。
コーティング加工 非球面レンズ加工 精密機械加工
コーティング加工 非球面レンズ加工 精密機械加工
高品位を誇る
ニコンFシリーズ用レンズは、栃木ニコンが長年培ってきた技術力と高度な生産力をベースとして生まれ続けています。
技術力を支える設備
技術力を支える設備
レンズ量産設備を始めとして、表面処理加工設備、コーティング加工設備、精密機械設備など最新鋭の自動化設備を導入し、自動化ラインを完成。さらに自社で開発された超精密加工機器を加え、生産ラインの高度化を図っています。
超精密加工技術に開発力がプラス
超精密加工技術に開発力がプラス
精密加工の分野では技術革新を積み重ねた結果、ミクロンオーダーをクリアし、さらにサブミクロンオーダーへ移行しています。新たに開発部門を加えて、光学設計や鏡筒設計部門を強化し、より高度な生産システムの実現を目指しています。
徹底した品質保証体制
徹底した品質保証体制
品質管理については、生産の各工程で徹底した検査を行うとともに、完成品を全般にわたって最終チェックするなど厳密な品質管理体制を敷いています。こうした品質保証体制から”ニコンブランド”として高い信頼を得ているのです。
ニッコールレンズ製品紹介
ニッコールレンズ作業工程


© 2017 Tochigi Nikon Corporation